ミラドライ法について

P

ワキガやすそわきがの手術方法は、一般的にメスで皮膚を切開したり針を指したりすることが多いですが、美容外科の手術に関しては見た目の良さも気にしていることから跡が残りやすい手術方法を避けることもあります。

 

ミラドライ法は肌を傷つけることなく、マイクロ波を利用してワキガやすそわきがの原因となるアポクリン腺やエクリン腺を刺激し、機能を衰えることによって症状を抑えます。

 

これらの汗腺の機能がなくなってしまうことから長期間の効果が感じられ、手術時間も30分から1時間程度で済むことから、ワキガやすそわきがの手術に採用している所もあります。

 

アポクリン腺やエクリン腺に刺激を与えることから、痛みを感じないように局部麻酔や全身麻酔をした後におこない、刺激によって皮膚に熱やほてりを感じたら、2日か3日くらいアイシングをすることによって手術でのお肌の症状を抑えることができるので、あとは施術後すぐの入浴や激しい運動を避けて、施術箇所の労わることによって個人差がありますが臭いを感じななくなってゆきます。

 

ただし1回のミラドライでは効果が少ないので間隔を開けてから2回目、臭いが強い人は3回この方法によって、ワキガやすそわきがの悩みから解放することができます。