すそわきがと多汗症の関係性

P

すそわきがは遺伝によってわきが体質を受け継いだ女性がなってしまう症状なので一見多汗症とは関係ないように見えますが、この二つは本当に全く関係がないものなのでしょうか?

 

多汗症はワキの下や顔や手足などに大量の汗をかき、衣類にシミのように広がってしまうくらいの症状になることを指します。

 

実は汗によって皮膚や毛穴に付いている菌が繁殖し分解することによって臭いを放つことから、多汗症の人はワキガになりやすいともいわれています。

 

汗だけでは臭いを感じないですが、汗によって白の衣類が黄色くシミになってしまったり独特の臭いを感じるようでしたらワキガの可能性が高く、すそわきがになっていることもあります。

 

すそわきがはワキガとは少し違い、汗だけではなく、下着や生理ナプキンによる蒸れや尿と交じることによって臭いが出ます。

 

また他の人と比べて汗をかきやすくアポクリン汗腺の数が多いほどすそわきがになる確率も高くなりますので、多汗症とは全く関係性がないとはいえないです。

 

すそわきがの場合、臭いの原因となっているアポクリン汗腺を取り除くだけではなく、汗の量を抑えるためにボトックスを注入すれば症状が軽減することができます。

 

メスや針での治療が苦手で臭いが強く感じない程度でしたら、ボトックスを注入するだけでも両方の症状を抑えることができますので、お悩みでしたら専門の医師に相談するのもよいでしょう。