すそわきがの場合、食事面では何に気をつければいい?

P

すそわきがやわきがは、脇の下やデリケートゾーンに多く存在するアポクリン腺から出る汗が原因です。

 

エクリン腺から出る汗のほとんどが水分なのに対して、アポクリン腺から出る汗には、タンパク質、糖質、脂肪、アンモニア、尿素、ピルビン酸などの体臭になる原因も一緒に分泌されています。

 

最近、すそわきの臭いが気になる方が多いのは食事が欧米化していることも原因の一つかも知れません。

 

動物性脂肪には体臭の原因になる飽和脂肪酸が多く含まれており甘いお菓子や果物などは、血中の中性脂肪を増やして皮脂を過剰分泌させます。

 

つまり、カロリーの高い欧米食は、生活習慣病のリスクが高くなるだけではなく、すそわきがにも悪影響を及ぼします。

 

また、喫煙、飲酒、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、香辛料、油ものなども体臭の原因になります。

 

すそわきが対策の食事には、魚や植物性脂肪、不飽和脂肪酸、善玉コレステロールが含まれたものがお勧めです。

 

緑黄色野菜、海藻類、梅干し、みょうが、味噌、酢、りんごなどには、体臭を抑える効果が期待できます。

 

P

一汁三菜を基本にした、揚げ物以外の和食を食べるように心がけると、すそわきがにも効果的です。