すそわきがの洗い方

P

すそわきがの臭いを減らすには、陰部を洗って菌を減らすことが一番手っ取り早いですが、肌の敏感な部分なので洗い方にも注意が必要です。

 

他の部分はタオルに石鹸を付けてゴシゴシを汚れを落としますが、デリケートゾーンでも同じような洗い方をすると摩擦力によってお肌が荒れてしまい、逆に菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

また陰部には善玉菌がいます。この善玉菌を石鹸によって一緒に洗い流してしまうと細菌を防ぐ役割がいなくなってしまうので、洗いすぎないようにしてください。

 

ではどの様な洗い方はが適しているのでしょうか?

P

ほとんどの方がタオルを使って洗うイメージを持たれていると思いますが、実際はソープを泡立てて指を使って摩擦を起こさない力で丁寧に汚れを落とす程度が理想的です。

 

石鹸もできれば低刺激のものを使いましょう。洗い終わりましたらタオルで余計な水分を取り除き、通気性の高い下着を付けることによって蒸れを抑えることができます。

 

とくに生理中は陰部が蒸れやすく汗によって臭いが発生しやすいことから、トイレに行った時にはビデを使い汚れを落としたりと、できるだけ清潔な状態を保ちましょう。

 

すそわきがは石鹸で臭いは落ちる?

そもそも石鹸ですそわきが臭は抑える事はできるのでしょうか?

 

すそわきがはアポクリン汗腺に含まれている成分が汗となって毛穴から出てきて、その後に毛穴周辺や皮膚の表面に付いている菌、または尿や血液などと交わり分解することによって臭いを放ちます。

 

P

つまり、デリケートゾーンに付いている汚れを落とすことができれば、ある程度は症状を抑えることができます。

 

石鹸で洗うことによって汚れが落ちるので、結論からいえばすそわきがは石鹸を使うことによって症状を軽減することができると言えます。

 

最近ではデリケートゾーン専用の石鹸も販売しているので、専用の石鹸がベストを使うのがベストです。もちろん、軽度のすそわきがであれば低刺激の石鹸で洗っても十分汚れが落ちます。

 

その他のすそわきが臭対策として体を洗って清潔な状態になっても、衣類を着用することで通気性が下がりニオイが強くなることがあるので、下着や履物の素材を気にして菌が増えないようにするとベストです。

 

すそわきが臭を抑える石鹸&デオドラントはこちら>>